WTKに行ってみた!


もう昨年の事になるが、 記憶があせないうちに書き残しておこうと思う。

昨年の10月末に、同じく湯布院でお店を構える人気店creeksの谷川氏(イベント実行委員長)にお誘い頂いて、長崎県の川棚町という場所で行われてた「WTK」 というイベントに参加してきました。

本来は最初から最後までお手伝いしたかったのですが、仕事の都合の為今回は当日撮影協力という形で参加させていただきました 涙

*以下写真の無断使用、転載、複写を禁止致します。

「WTK」とは?

A WITNESS TO KOHBARUの略で長崎県東彼杵群川棚町川原地区(かわたなまちこうばるちく)で行われる、ダム建設に沈もうとしている小さな村でもう一度ダム建設について皆で向き合ってみようという音楽イベントでした。

専用ホームページを見ても分かるように、主催者はそうそうたる面々となっていますが、実際このイベントのメインは、この地域に住む、住民の方々です。

WTKの趣旨に賛同した歌手、アーティストの方々がステージ上でその想いを代弁するかのように熱く熱唱し、この地区の方々を勇気づけている姿が印象的でした。


そして何よりも印象的だったのが、田んぼのど真中に設営されたライブ会場です!!

事前のお知らせで、ライブには長靴必須!ということでしたので、準備準備。

やはり持っていって正解でしたが、子供達にとっては最高の遊び場となっていました。


なかなか前例のない会場準備にはとても苦労したと実行委員長の後日談。

話を聞くだけで、大変だったのが想像できます。

直前まで開催可能か分からないほど苦労して仕上げた会場はアットホームでアーティストさんとの距離も近く、唯一無二の素晴らし会場であったと思います。


ただの音楽フェスとは違う!?

そもそのこのイベントの発端は、元々、ダム建設問題でこの地域の人々を支援していたアウトドアウェアメーカーのpatagoniaと、それに賛同したapbankの小林武史氏の発案から始まったそうで、もっと多くの人に、このダムに沈もうとしている美しい地域に住んでいる人たちの事を知ってもらいたいという想いがあったようです。


この川原地区でのダム建設に関しては、昭和50年から話が進んでおり、賛成派の地域住民は既に補償を貰い他の地域に移り住んだ人たちもいますが、一部の住民はこれに反対の意向を示し続け、この地域に住み続けているそうです。*川棚町HP参照

ダム建設の立ち退き問題は実際、日本中にあることだと思います。

この川棚町に限った事ではなく、現在も係争中の場所は沢山あることでしょう。